たしろ鍼灸・整体院 3つの特徴

  1. 鍼・お灸・マッサージ・整体で、凝りや痛みを解消。鍼灸が苦手な方にはマッサージ・整体中心の施術で、「痛みが消えた!」と評判。
    「先生のおかげで、毎日が楽しくなりました!」の喜びの声が多数。
  2. この道 25年、延べ 2万人以上を診てきたプロが、“痛くない鍼”と“熱くないお灸”をメインに、凝り・痛みの根本原因から改善していく。
  3. 鍼は衛生的な使い捨て用、お灸は国産の天然もぐさを使用。肌が隠れる施術着は女性に好評。さらに、完全予約制で、ほかの人を気にすることなく治療が受けられる。

院長あいさつ

「この肩こり、なんとかならないだろうか…」「腰が痛くて、歩くのもつらい…」。
私は、そんな方を「治してさしあげたい」という一心で、修業を積み、勉強を重ねてきました。 23歳で鍼灸師、35歳で柔道整復師の免許を取得し、患者様のご要望やお体の状態に合わせて、鍼やお灸、さらには柔道整復(マッサージ)で多彩に治療ができるように経験を積んできました。

そんな私が、「本気で良くしたい」という方を責任持って診ていきます。もう凝りや痛みで悩まないでください。ご相談はいつでも歓迎しております。

【プロフィール】

田代竜一(たしろ・りゅういち)
1970年和歌山県松江市生まれ、72年から茨城県鹿嶋市で育つ。高校3年生のときのバイク事故をきっかけに「治療」に興味を持ち、整体学校、鍼灸学校を経て、23歳で鍼灸師の国家資格を取得。病院のリハビリテーション科勤務を経て、柔道整復の専門学校に通学。35歳で柔道整復師の国家資格取得。その後、接骨院・鍼灸院での勤務を経て、2008年、西東京市住吉町に「たしろ鍼灸・整体院」を開院。これまで診てきた患者数は延べ2万人を超える。

治療案内Q&A 診療の流れや方法などをご説明していきます。

診療の流れは?
治療用具 まずじっくりとカウンセリングを行い、どのような痛みなのか、いつからなのか、仕事や生活上に原因がありそうか、などをお聞かせいただきます。
そのうえで、患部に触れ、熱を持っていないか、炎症を起こしていないか、関節の動く範囲はどのくらいか、などをチェックしていきます。
そこで治療方針を決めますので、しっかりとご説明をします。その方針にご了解をいただいてから、治療開始となります。
方針に納得しない方もいる?
鍼は怖い、お灸はイヤ、という方がときどきいます。
基本的には鍼治療を選択するので、まずは腕などで試し打ちをし、「これなら大丈夫そう」とご納得いただいてから、本格的な治療に入ります。
鍼といっても、極細のものはチクッとする程度です。たいていの方は、「大丈夫、平気」とおっしゃいますね。
「基本的に鍼治療を選択する」というのは、なぜ?
鍼治療 やはり、鍼は効果があるからです。個人差があるのであまり大げさには言えませんが、効果が出る方の場合は、ぎっくり腰なども即効で痛みが引いていきます。
以前、ある踊りの先生の治療をしたことがあるのですが、這うようにして来院された方が、治療後、その場で踊りを見せてくださったことがありました。
鍼治療以外も取り入れています。
お灸治療 鍼は確かに有効ですが、万能ではありません。お灸のほうが効くケースもありますし、マッサージが効くこともあります。また、治療を受ける方のお好みもあります。
いろいろな施術法があるなかで、鍼・灸・マッサージ・整体の4つがあれば、どのような症状にも対処できると私は考えています。
治療は、どのくらい通えばよいのでしょう?
マッサージ 痛みの程度にもよりますが、治療が有効な場合は、1回で痛みがスッキリ取れます。
治療をしていると、ふっと筋肉がゆるんでいく瞬間を感じることがあります。「あ、いま、痛みが取れたな」と分かる瞬間ですね。
1回目からそれが得られる方もいますし、痛みの根源が根深くて、数回通っていただかないといけないケースもあります。
とはいえ、3回通っていただければ、たいていの症状は緩和できる自信があります。重い痛みに苦しんでいる方にこそ、まずは3回通ってみてほしいです。
なぜ先生は治療家に?
田代 竜一 高校生の頃にバイクの事故で体を傷め、そのときに治療の力に出会ったのがきっかけです。
特に鍼やお灸は、「どうしてこんな治療で痛みが取れるのだろう?」と、夢中になりました。国家資格を取得するのは結構大変なのですが、私の場合は、夢中になって勉強していたら自然と資格が取れた、という感じです。
専門学校を卒業後は、病院のリハビリテーション科に勤務したり、柔道整復師の技術が学べる治療院に勤めたりしました。
その中で、特にご高齢者との交流が深まり、いつしか、「シニアのみなさんにいつまでも元気でいてほしい」と、高齢者の筋力や骨のことなども学ぶようになりました。
余計なことですが、私、ケアマネジャーの資格も持っているんですよ。介護者目線で治療するには何が必要か、と探った結果です。すぐ夢中になるタイプなんです(笑)。
今は、地域密着の治療院を開業し、10代から90代まで幅広い年齢の方と接しています。それでもやはり、中高年者への治療が私の得意領域ですね。
肩こりがひどい、腰痛で眠れない、関節痛で歩けない…といった方は、ぜひ、この道25年以上・延べ2万人以上を治療してきた田代竜一を頼ってください。

アクセス・基本料金

たしろ鍼灸・整体院
住所 西東京市住吉町4-8-19
電話 042-410-0463
※治療中は電話に出られませんので、留守番電話にメッセージ(「予約したい」・お名前・お電話番号)を入れてください。
折り返しお電話をいたします。
駐車場 1台
診療時間 ※完全予約制(お電話にてご予約ください)
平日
9:00-12:00(午前最終受付 11:00)|14:00-18:00(午後最終受付 18:00)
土曜日
9:00-12:00(午前最終受付 11:00)|13:00-14:00(午後最終受付 14:00)
休診日 日曜・祝日
初診料 2,000円
下の予診票を印刷して頂き、ご記入の上お持ちくださいましたら、初診料2,000円を無料にいたします。
予診票(PDF 238KB)
治療料金 肩こり・腰痛治療 6,000円
全身鍼灸治療(自律神経失調症など) 10,000円
頭痛整体 5,000円

※西東京市発行「高齢者手技治療割引券」利用可